真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

仏教系のカルトの動き

2012年2月16日(木)

 最近、既成の仏教に属する住職から、「仏教系のカルト」として注目されている宗教団体があります。その一つは、日蓮正宗顕正会(富士大石寺・顕正会)です。顕正会(けんしょうかい)は元々、富士大石寺・日蓮正宗の一つの講でした。昭和17年に浅井甚兵衛(現会長、浅井昭衛の父)が妙光寺(東京都品川区)の信徒数名と共に「妙信講」を結成したのが始まりです。1969年頃から、彼は当時、日蓮正宗宗門が否定していた「国立戒壇」(日蓮正宗の国教化)を主張し始めました。昭和50年に「日蓮正宗顕正会」と名称を改め、その後、再度、名を改めて、今現在、「富士大石寺・顕正会」と称しています。さいたま市に本部を置いている当団体は、関東地方に信者が集中していますが、日本各地に会館を作ろうとしています。信者数は、30万人と推測されていますが、団体の発表では100万人で、その大半は、高校生のようです。最近、『日蓮大聖人に帰依しなければ日本は滅びる』という本を500万部、出版し、布教活動に力を入れており、特に、高校生による伝道は活発化しています。

  同じクラスの友達をファミリーレストランに呼び、「顕正会は唯一絶対の正義だ。顕正会は全世界でただ一つの正法だ」と入会を迫ります。それを断わられると、今度は、「罰が出る」とか、「地獄に落ちる」と脅迫じみた言葉を使います。それでもなお応じない場合、暴行を加えたり、監禁したりすることもあります。また、入会した者に対して、「親は魔が入っているから邪魔する」と、家族との対立を煽ると共に、「奉仕活動」を強要します。高校生たちは、学校が終わると、会館に直行して、夜中まで勧誘活動を行います。朝も、学校に行く前にまず会館へ行って、様々な活動をするのですが、苛酷なスケジュールで疲れて、事故に会ったり、学校をやめなければならなくなる子供もいます。暴行事件、監禁など反社会的行為を全国で引き起こし、カルトとしてマスコミからも注目されている顕正会に対して、既成仏教の住職たちは、「警鐘を鳴らしてほしい」と、キリスト教会にも働きかけています。