真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 宗教的な理由で、エホバの証人が輸血を拒否して、我が子を死亡させてしまうということがよくニュースになりますが、アメリカのユタ州に住むモルモン教の夫婦が、息子にガン治療を受けさせないで、今、逃亡中です。12歳になるパーカー・ジェンセンは、三つの病院で「イウィングズ・サルコマ」という珍しい種類のガンだと診断され、すぐに科学療法、及び、放射線による治療を始めなければ命が危ないと言われました。ところが、両親は、「本人はいたって元気だし、病院が勧めている治療を受けさせれば、彼の生育に悪影響を及ぼす恐れもあるし、子供ができなくなる可能性もある」と言って、治療を拒否していました。それに対して州の政府は、治療のために子供を引き渡すように命令書を発布しましたが、両親はそれを無視して、今、子供と共に行方をくらましています。親がなぜ、我が子を助けるための治療をそこまで頑固に拒むのか、マスコミでは大きななぞとされていますが、ジェンセン夫妻の行動を理解するカギは、モルモン教の教理にあると考えられます。モルモン教徒が神になるために、結婚して、子供を設けることが義務づけられています。科学療法などを受けて、子供ができなくなると、神になる希望がなくなるので、何が何でも治療を拒否すべきだと、両親が判断した可能性が大いにあります。もしそうであるとするなら、地上の楽園に復活する見込みを保つために、輸血を拒否して死を選ぶエホバの証人とよく似ている、ということになります。また、興味深いことに、ジェンセン夫妻は、「科学療法や放射線による治療に代わる治療を受けさせたい」と言っています。これも、輸血以外の治療法を病院に要請するエホバの証人と共通 している点です。