真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

ボストン・チャーチに改革?

2012年2月16日(木)

 1979年に、アメリカのマサチューセッツ州でキプ・マキーンによって設立された、いわゆる「ボストン・チャーチ」(正式名:インターナショナル・チャーチ・オブ・クライスト)において、大幅な改革が起こりつつあるようです。当教団は、マインド・コントロールに近い「弟子訓練」や排他性のゆえに、一般 のキリスト教会から「異端」、または「カルト」と見られていましたが、最近、幹部たちの中に教団の権威主義的な在り方に疑問を持つ人が現れ、悔い改めや組織の体質の改善を呼びかけています。そのうちの一人はヘンリー・クリートという人で、2月3日に論文をインターネットで発表しています。論文の中でクリート氏は特に、組織の権威主義、伝道実績に対するこだわり、指導者層の高慢、富に対する欲を指摘していますが、彼の悔い改めの呼びかけが、他の指導者たちにどれほど受け入れられているか、まだ不明です。もし、教団が基本的な変化を遂げることになれば、まさに画期的な出来事です。「カルトの悔い改め」は恐らく、歴史上、今回が初めてなのでしょう。