真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 日本福音同盟(日本の諸教会の前進と、日本における健全な教会形成を願っている教会の協力機関)が、日本の教会の一部が健全なあり方から逸脱していることを憂い、警鐘を鳴らす声明文を作成し、近々、発表する予定です。同団体の社会委員会は以前から、社会問題としてカルトの問題に注目し、必要に応じてエホバの証人や、その他の団体に関する声明文を出したり、情報を流したりしてきました。ところが、最近、「福音的」とされているキリスト教会で、カルト的傾向が顕著に現れている群れがある、という情報が寄せられているそうです。特に問題となっているのは、牧師の権威主義(霊的権威の乱用)、及び、暴力です。声明文の最後には、こうあります。「このような報告に対して、私たちは深い憂えや悲しみを覚えています。今こそ、自らを吟味し、教会の牧会方針や訓練・教育プログラムの中に、カルト的なものがないかどうか、聖書から逸脱している部分がないかどうかを点検し、悔い改めるべき時ではないでしょうか。肉的(カルト的)な手段を用いずに、聖霊に頼り、神のみわざを待ち望むことこそ、日本のリバイバルの鍵です。」