真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

日本人クローンも誕生?

2012年2月16日(木)

 ラエリアン・ムーブメントの関連企業クローンエイド社は1月23日にカナダで会見し、日本人クローンの誕生(1月22日、男児)を発表しました。この発表に対して細田博之科学技術担当相が次の日、「発表内容が真実かどうかは疑問」と前置きした上で、依頼した両親がクローン規制法の対象になる可能性があるとの見解を示しました。ラエリアン・ムーブメントの代表によると、今回、誕生した男児は、約18カ月前に事故死した40歳代の両親の男児の細胞から作られたそうです。科学者である父親が、死亡した男児の組織の一部を冷凍保存していたといいます。細胞の核を取り出して母親(41歳)の卵子に移植してクローン胚(はい)を作り、それをアジア人の代理母(25歳)の子宮に入れて妊娠させた、というのです。しかし、報道陣から証拠の提示を求められると、ボワセリエ代表は、「信じてくれとは言っていない」と開き直りました。