真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 『エホバの証人の2002奉仕年度の報告』によると、ものみの塔の日本における増加率は、マイナス0.4パーセントを記録したそうです。平均伝道者数は217,971人で、2001年より895人の減少ですが、1年間、伝道に費やされた時間は、7243万時間にもなります。実に驚異的な数字です。しかし、もっと驚くのは、これだけ伝道しているのに信者数が増えないばかりか、むしろ減少しているということです。エホバの証人が活躍している234の国のうち、56の国々がゼロかマイナス成長になっていますが、世界における増加率は2.8パーセントで、2002年に水のバプテスマを受けた人々の数は、265,469人です。ちなみに、「不活発な証人」を生き返らせるために、1月から3月にかけて、日本で特別 キャンペーンが行われることになっているようです。長老が一人一人を訪問し、再び群れに戻って伝道するように説得を試みます。少しでも伝道者の数を増やし、マイナス成長からの脱出を図るための、苦肉の策だと言えましょう。