真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 『エホバの証人の2001奉仕年度の報告』によると、ものみの塔の日本における増加率は、再び、マイナス一パーセントを記録したそうです。平均伝道者数は218,866人で、2000年より1672人の減少です。会衆の数も、233減っています。エホバの証人が活躍している235の国や地域のうち、77の国々がゼロかマイナス成長になっています。オーストラリア、オーストリア、バングラデシュ、ベルギー、イギリス、カナダ、キューバ、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、イタリア、ジャマイカ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、スロバキア、スペイン、スウェーデン、スイス、アメリカ合衆国などです。成長を遂げた国として、ブルガリア(8パーセント)、インドネシア(5パーセント)、ミャンマー(8パーセント)、ペルー(6パーセント)、台湾(6パーセント)、ウクライナ(6パーセント)などがあります。なお、総計的に見た場合、世界における増加率は1・7パーセントで、2001年に水のバプテスマを受けた人々の数は、263,431人です。また、興味深いことに、全世界の記念式(聖餐式)で表象物(パンとブドウ酒)に預かった人の数は前の年より69人増の8730人です。ものみの塔の教理では、天に行く144,000人だけが記念式の表象物に預かれるということになっていますが、1935年にその人数が満たされているということになっています。つまり、パンとブドウ酒に預かる人々が1935年以前に水のバプテスマを受けている訳で、高齢になっています。したがって、その数が年々、減っていくはずですが、なぜか、10年前と比べても、増えているのです。