真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 jw.orgのウェブサイトの中で、ものみの塔協会は、「毎年、大勢のエホバの証人が大人も子どもも、輸血を拒否したために死亡している」というのは誤解であるとして、その誤解を解く説明として、次のように述べています。「これは全く根拠のない主張です。心臓手術や整形外科手術や臓器移植など、複雑な外科的処置が無輸血で施されることは少なくありません。子どもを含め、輸血をしなかった患者の術後の経過は多くの場合、輸血をした人と変わらないか、それよりも良好です。いずれにしても、輸血を拒むと死ぬとか、受けると生きられる、などとはだれにも言えません。」この文章は、論点をぼかすための、ものみの塔特有のごまかしです。今まで、日本のテレビや新聞などで何度も取り上げられているように、多くのエホバの証人は輸血を拒否したために死亡しています。それは紛れもない事実です。また、そのほとんどのケースにおいて、信者は事故に遭って、多量出血をしています。輸血しなくても済むような心臓手術や整形外科手術を受けた訳ではありません。彼らは、「輸血をしなければ死ぬ」と医者からはっきりと言われているにもかかわらず、輸血を拒否したために死んでいるのです。コンピューターなどのハイテクを駆使するようになっても、平然と嘘の情報を流す組織の体質は、昔と変わっていないようです。