真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 オウム真理教から改称した「アレフ」が、札幌市内全国最大規模の施設を確保したことが明らかになり、公安調査庁は7月14日に、団体規制法に基づき、同施設への立ち入り検査を行いました。信者たちは4階建てのビル全体を賃借しており、施設内に教祖の松本智津夫死刑囚の写真などが飾られ、祭壇も設けられていたというこです。同施設では、今月活動が開始されたばかりと見られています。都道府県別のアレフへの入信者は、6年連続して北海道が最多で、公安調査庁は前から警戒をしていたようです。