真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

統一協会の新しい出発

2016年2月26日(金)

 2015年10月12日に、千葉・幕張イベントホールにおいて、「世界平和統一家庭連合出帆記念大会」が開催されました。この大会は、「世界基督教統一神霊協会」から「世界平和統一家庭連合」へ名称を変更することが文化庁に認証されたことを記念するために開かれたものですが、1万人の参加者は、「神の下の人類一家族」の実現に対する献身の思いを新たにしたようです。今後の布教活動の強調点として掲げられるビジョンは、「家庭の幸せ」だそうです。挨拶に立った「全国祝福家庭総連合総会長」の宋龍天(ソンヨンチョン)によると、今は宗教を中心とした個人の救いの時代から、家庭理想を中心とした家庭救援時代に変わったそうです。更に、「真の父母様(注:文鮮明夫妻)は、この地上の真の創造理想が家庭理想であることを御存じであり、これを立てるために生涯、苦労の道を行かれました。真の父母様は、神様の真の愛、真の生命、真の血統を立てるために祝福結婚を行なわれ、祝福家庭が、真の父母様の生涯を見習い、真の愛を実践することによって、地上の神の下の一家族が成されることを願われたのです」ということです。今後、幸せな家庭に憧れる純粋な若者がどれほど、生まれ変わった統一協会の餌食になってしまうのでしょうか。