真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 ものみの塔協会は、今年から、『ものみの塔』誌と、『目ざめよ!』誌を隔月に発行することにしたようです。『ものみの塔』誌は1・3・5月、『目ざめよ!』誌は2・4・6月というふうに出されることになる訳ですが、経済的な理由なのか、雑誌による伝道効果を見直した結果なのか、分かりません。いずれにしても、数年前から続いている傾向であることは間違いありません。元々、月に2回発行されていた各雑誌が月に1回のものとなり、隔月のものとなり、ページ数も32ページから16ページに減らされてきました。客観的に見て、組織は明らかに勢いをなくし、生き残るための苦肉の策に出ています。一般の伝道者たちの中に、この傾向に疑問を感じている人もいるはずです。