真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

福永法源の「復活祭」?

2015年8月20日(木)

 「法の華」という宗教団体の設立者で、「足裏診断」などで信者から約1000億円もの金を集めて詐欺容疑で逮捕され、2008年に懲役12年の実刑判決を受けた福永法源(70歳)。栃木県の黒羽刑務所に服役していましたが、昨年、密かに出所していたことが今年になってから明らかになりました。真面目な刑務所暮らしが認められて刑期が短縮されたようですが、自由の身となった福永は早速、2015年4月5日に、東京都内のホテルで本人の「復活祭」を行ないました。福永の過去の映像が映し出されたり、幹部信者への称号授与式があったりしました。また、福永の講演もあって、その中で、「今でも、全然罪を認めていない」とか、「今日の朝、天声はこんなことを言っている。『罪に陥れた人、有罪を決めた連中はみんな捕まっている』」、とか、「どこまでも筋を通せば勝ちです。おどおどしたら負けです」とか、「これから70億人救済が始まる」などと力説しました。今後、「よろこび家族の和=天華の救済」と名を変え、活動を再開する模様です。2005年から2008年まで続いた裁判の中で、検察側は、「宗教活動に名を借り、組織ぐるみの詐欺を推進した詐欺師。反省の情はみじんもない」と主張しましたが、6年に及ぶ刑務所生活は福永の性格に何の変化ももたらさなかったようです。