真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 日本で唯一、「メガチャーチ」(礼拝出席者数が2000人以上の巨大な教会)と呼ばれていたヨハン東京キリスト教会。東京の東中野にある本部教会以外の40カ所においても支部教会を開拓し、その信徒数の合計は5000人を越えて、注目を集めていました。ところが、昨年の夏、主任牧師の金圭東(キム・ギドン)の私生活における数々の問題が発覚し、辞任に追い込まれました。その後、リーダー層が一般信徒たちと共に権威主義的になっていた教会の体質を見直す動きが進み、5月に、ウィリアム・ウッドを迎えてのセミナーが3回、開催されました。テーマは「健全な教会として歩む」でしたが、初回は「健全な教会はイエス・キリストが崇められる教会」、2回目は「健全な教会は霊的成長(自立)が見られる教会」、3回目は「健全な教会は自由のある教会」と、教会が聖書から逸脱し、カルト化してしまうその原因が具体的に説明されました。セミナーを通して気持ちの整理がついて、前に進もうとする信徒もいますが、傷が深く、様々な混乱の中で苦しんでいる方もかなりいます。特に深刻なのは、牧師から結婚を命じられていたカップルです。恋愛の末、結ばれたのではなく、ただ牧師の命令によって結婚させられた方々ですが、その結婚をどう考えれば良いか、迷っています。今後も、しばらく、学びとカウンセリングが必要ですが、教会として、健全化を目指して、確かな一歩を踏み出したと言えそうです。