真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

 2月2日、メキシコのヌェーボ・ラレードにある「キリストの擁護者たち」と呼ばれる宗教団体の幹部ら14人が、信者たちに対する誘拐、強制労働、性的虐待の疑いで逮捕されました。国際色豊かな指導者層だったようで、スペイン人が6人、ブラジル人が2人、ボリビア人が2人、ベネズエラ人が2人、アルゼンチン人が1人、エクアドル人が1人でした。警察の調べによると、「キリストの擁護者たち」は数年前から人々を誘拐して、マインド・コントロールした上で労働させたり、売春させたり、「十一献金」を強要したりしています。また、グループの中で一夫多妻も行なわれていたようです。家族から引き離され、虐待に苦しむ信者たちの中に、自殺者が出ています。教祖は、ホセ―・セゴヴィアという人で、「キリストの再来」とされていますが、メキシコ当局はまだ、彼の居場所を突き止めていません。