真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

カルト関連ニュース

 jw.orgのウェブサイトの中で、ものみの塔協会は、「毎年、大勢のエホバの証人が大人も子どもも、輸血を拒否したために死亡している」というのは誤解であるとして、その誤解を解く説明として、次のように述べています。「これは全く根拠のない主張です。心臓手術や整形外科手術や臓器移植など、複雑な外科的処置が無輸血で施されることは少なくありません。子どもを含め、輸血をしなかった患者の術後の経過は多くの場合、輸血をした人と変わらないか、それよりも良好です。いずれにしても、輸血を拒むと死ぬとか、受けると生きられる、などとはだれにも言えません。」この文章は、論点をぼかすための、ものみの塔特有のごまかしです。今まで、日本のテレビや新聞などで何度も取り上げられているように、多くのエホバの証人は輸血を拒否したために死亡しています。それは紛れもない事実です。また、そのほとんどのケースにおいて、信者は事故に遭って、多量出血をしています。輸血しなくても済むような心臓手術や整形外科手術を受けた訳ではありません。彼らは、「輸血をしなければ死ぬ」と医者からはっきりと言われているにもかかわらず、輸血を拒否したために死んでいるのです。コンピューターなどのハイテクを駆使するようになっても、平然と嘘の情報を流す組織の体質は、昔と変わっていないようです。

 オウム真理教から改称した「アレフ」が、札幌市内全国最大規模の施設を確保したことが明らかになり、公安調査庁は7月14日に、団体規制法に基づき、同施設への立ち入り検査を行いました。信者たちは4階建てのビル全体を賃借しており、施設内に教祖の松本智津夫死刑囚の写真などが飾られ、祭壇も設けられていたというこです。同施設では、今月活動が開始されたばかりと見られています。都道府県別のアレフへの入信者は、6年連続して北海道が最多で、公安調査庁は前から警戒をしていたようです。

いのちのことば社の協力により、しばらく前から在庫切れになっていた『健全な信仰とカルト化した信仰』を五百冊、印刷することができました。キリスト教会のカルト化問題が深刻化する中で、ますます、大きな意味を持つ一冊になるでしょう。価格は900円です。御希望の方は真理のみことば伝道協会の本部までお問い合わせください。

 2016年10月23日と24日に、第24回カルト救出全国セミナーが関東と関西で開催されます。23日のセミナーは、主都福音キリスト教会(小田急線百合ヶ丘駅南口)で午後3時から5時まで、24日のセミナーは関西聖書学院(近鉄生駒駅からケーブル「宝山寺」停)で午前10時から午後4時まで開かれます。テーマは、「韓国の戦後の教会成長とカルト化問題:日本の教会への影響とその対処法」で、講師は日本キリスト教異端相談所の設立者で、韓国の異端問題に精通している張清益(チャン・チョンイク)牧師です。目覚ましい成長を遂げ、多数の「メガチャーチ」を誕生させ、世界各地に宣教師を派遣している韓国のキリスト教会ですが、リバイバルの要になると、世界中から注目されていながら、その一方で、800万人の韓国人クリスチャンのうち、200万人も異端・カルトの団体とかかわっていると言われています。「新天地」、「万民中央教会」、「クリスチャン・トゥディー」など、数多くの異端・カルトが日本にも上陸し、日本のキリスト教会に多大なダメージを与えています。今こそ、様々な現象に捕らわれることなく、霊的識別力をもって、真のリバイバルの意味について考え直す必要があります。今回のセミナーが、その良いきっかけとなるはずです。参加をご希望の方は、真理のみことば伝道協会の本部か、関西支部にご連絡ください。

『新世界訳』の改訂版

2016年5月2日(月)

 近いうちに、エホバの証人の『新世界訳』の改定された日本語版が出るとの噂が流れています。英語の『新世界訳』の改訂版は2013年に出されているの、和訳の作業に時間がかかっていると推測されますが、恐らく、英語版と同じ訂正が加えられるでしょう。英語版を見ると、まず、創世記に突き当たる(?)前に、40ページにわたり、ものみの塔協会の教理の説明があります。「神とは誰か」、「聖書のメッセージとは何か」、「聖書は私たちの時代についてどんなことを預言しているか」、「人間はなぜ苦しむか」、「人間は死んだらどうなるか」、等の質問に答える形式で、聖書から何カ所かが引用されていますが、言うまでもなく、ものみの塔にとって都合の良い聖句だけが出て来ます。組織は明らかに、読者が聖書を読む前に、組織の独特の教理へと誘導しようとしています。改訂版を出す理由として、『まえがき』には、「ここ半世紀の間に英語が大きく変わったこと」と、もっともらしいことが書かれていますが、それはあくまでも、ごまかしです。真の理由は、『新世界訳』の分かりにくい、幼稚な文章に関する苦情が、組織に殺到していたことです。実際に改訂版を読んでみると、確かに、難解さんの点が幾らか、改善されています。例えば、イザヤ書58章11節の「その水がうそをつくことのない水の源のようになる」が、「かれることのない水の源のようになる」となっています。また、伝道者の書6章9節の「目で見ることは魂の歩き回ることに勝る」が、「自分の欲望を追い求めてさ迷い歩くより、目で見たものを楽しんだ方が良い」というような訳になっています。もう一つ、大きな変更は、角かっこ(〔〕)の使い方です。今までの『新世界訳』では、文の意味を分かりやすくするために聖書の本文にない言葉を加えた場合、その言葉を角かっこで囲んでいましたが、改訂版では、それがなくなっています。例えば、コロサイ書1章16―17節において、ものみの塔は、キリストが被造物に含まれることを示すために、4度も「他の」という言葉を書き加えていますが、改訂版には、もはや角かっこがなく、まるで原文がそうなっているかのような形になっています。注意書きもありません。『新世界訳』の改訂版によって、更に多くの人々が惑わされることを心配します。