真理のみことば伝道協会

カルト宗教被害者の皆様の問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

カルト関連ニュース

ものみの塔の移り変わる教理

2012年2月16日(木)

 2007年5月1日号の『ものみの塔』誌において、誰が天国に行けるかということに関する重要な教理変更が発表されました。今までの組織の教えでは、「天的クラス」(天からキリストと共に地球を支配する144,000人)の数は、1935年に満たされ、それ以後、「大群衆」(地上の楽園に入る人々)を集めるわざが始まった、ということになっていました。しかし、1935年以前にバプテスマを受けた人々の高齢化に伴い、大きな問題が出て来ました。それは、144,000人だけが「キリストの忠実で思慮深い奴隷」として、エホバの証人に「霊的食物」を与えることができるとされていたことです。つまり、144,000人が全員、地上から姿を消すと、組織の「霊的権威」が大きく揺らぐことになる訳です。そこで、5月1日号の『ものみの塔』誌の「読者からの質問」の中で、組織は「新しい光」を、次のように発表しています。

「一方、時たつうちに、1935年以後にバプテスマを受けたクリスチャンの中にも、自分は天への希望を持っている、と霊によって証しされる人が出てきました。(ローマ8:16-17)したがって、天への希望を抱くようクリスチャンを召すことがいつ終わるかに関して、明確な時を述べることはできないように思われます。」

さらに、2008年1月号の『ものみの塔』誌において、「これらのすべての事が起こるまで、この世代は決して過ぎ去りません」という聖句(マタイ24:34)の「この世代」は、144,000人の残りの者(生き残っている人々)を指している、との発表が行なわれるようです。これも、大きな変更です。組織の教理では、元々、世の終わりを見ることになっている「この世代」は、1914年の出来事を見た世代であるとされていましたが(『ものみの塔』誌1984年10月1日号、23-24頁)、1995年11月1日号の『ものみの塔』誌で、ハルマゲドンの時に生きている「邪悪な人々」であるということになりました(10-17頁)。144,000人の残りの者が世の終わりを見るという「新しい光」によって、信者たちの間で、「ハルマゲドンは近い」という期待感が生まれて、再び、布教活動に力が入るかも知れません。また、ある専門家は、組織は近々、144,000という数字を象徴的な数字にするのではないか、と予想しています。「天的クラス」の数の制限がなくなれば、144,000人が地上からいなくなる心配が解消されるので、世の終わりの預言が外れたことへの弁明をせずにすみます。

 2007年9月号の『わたしたちの王国宣教』によると、日本のエホバの証人伝道者数は、5月の時点で217,950人で、2006年の平均伝道者数をわずかに769人、上回っています。その2カ月前(3月)に、伝道者数は218,691人という、この5年間の最高数になったものの、早くもその勢いはなくなっています。更に4月に補助開拓者が一気に、2万6千人から3万7千人に膨れ上がりましたが、次の月から2万1千人に減っています。どうやら、信者たちは、春の『特別キャンペーン』に無理して応答しましたが、その熱意は続かないようです。

ものみの塔協会の「最新の光」

2012年2月16日(木)

 今年の夏のエホバの証人大会で、『来て、わたしの追随者になりなさい』という本が発表されました。12頁には、「この本は、イエスの生涯と宣教を漏れなくまとめ上げることではなく、イエスのあとに従う方法をいっそうよく理解できるようにすることを意図しています」とありますが、キリストの行動、態度、話し方等を聖書から紹介してから、「私たちもキリストの模範に従っていきましょう」と結論づけています。これは基本的には正しいことですが、この本に欠けているのは、信じる者とキリストとの親密な交わりがあって初めて、キリストのように歩めるようになるという点の強調です。つまり、エホバの証人は努力次第でキリストの足跡に従うことができると考えています。基本的には、エホバの証人にとっては、イエス・キリストはあくまでも良き模範となってくれた人物です。しかし、新約聖書は、『ぶどうの木の例え』にもあるように、キリストと霊的に結び付いている者だけが、キリストの命を受けて、キリストの御姿に似た者に変えられるのです。キリストの教えを受けて、それを実行しようと決意するというだけの問題ではないのです。「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです」(ヨハネ15章5節)。ちなみに、ものみの塔協会は、枝としてぶどうの木につながっているのは、14万4千人の残りの者(生存しているの8,758人とされている)だけです。この約束から除外されている一般信者は、自分の努力だけでとてつもない高い目標に挑む訳ですから、今後も、精神的に病んだり、疲れたりする人が続出しそうです。

 ウィリアム・ウッドが英語で書いて、北京の大学教授が中国語に翻訳した、カルト問題に関する小冊子は、七月に台湾にも上陸しました。一人の日本人宣教師が今、それを教会の牧師たちに分配しています。先日、宣教師から届いた手紙には、こうありました。「異端のためのブックレットを送ってくださり、本当にありがとうございました。こちらもキリスト教の名を借りて、数多くのカルト宗教が大手をふるって伝道しています。特に私たちが伝道している、先住民はもともと単純で警戒心がなく、差別の問題で孤独を覚えている人が多いため、カルトに縛られ家庭さえも崩壊している人も少なくありません。しかし、台湾は牧師でさえ異端に対してほとんど知識がなく、彼らと協力しているところもあるほどです。この小冊子がまず台湾のキリスト教の牧師に役に立ってほしいと思いますので、各牧師に贈りたいと思います。」

エホバの証人、王国会館を放火

2012年2月16日(木)

 去る6月15日、王国会館(エホバの証人の集会場)に火をつけたとして、警視庁荻窪署は信者で主婦の緒形直子容疑者(46歳)を逮捕しました。調べによると、緒形容疑者は15日午前8時5分頃、杉並区上井草にある王国会館の玄関ドアの窓ガラスをハンマーで割って侵入し、1階の椅子にライターで火をつけ、天井や床など約54平方メートルを燃やした疑いです。10年程前からエホバの証人になっていた同容疑者は、「夫が排斥されたことに憤慨した」と容疑を認めています。王国会館の放火事件は韓国などで信仰に反対する家族の手によって起きていますが、現役の信者が集会場に火をつけたのは、世界でも例を見ないことです。